交通事故のケガと神経痛の因果関係 | 円町の整骨院 | ふたば鍼灸整骨院

円町の整骨院ならふたば鍼灸整骨院|整体・骨盤矯正・交通事故治療
お問い合わせ 個人情報取扱

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故のケガと神経痛の因果関係

交通事故のケガと神経痛の因果関係

2024.02.06 | Category: 交通事故



ふたば鍼灸整骨院です。
本日のブログでは交通事故のケガと神経痛の因果関係について詳しく解説をしていきます。

交通事故の症状は神経痛を患うリスクが高い!?

交通事故による怪我や身体的なダメージは、神経痛を引き起こすリスクを高める可能性があります。特に以下のような状況では、神経痛が発生する可能性が高まります。

神経への直接的なダメージ

事故によって神経が圧迫されたり、損傷を受けたりすることがあります。特に首や背中の部位に損傷が生じると、神経痛が発生する可能性が高まります。

脊椎損傷

脊椎の損傷や椎間板の損傷は、神経痛を引き起こす可能性があります。脊椎に影響を与える事故では、神経痛が起こるリスクが高まります。

ソフトティッシュの損傷

筋肉、腱、靭帯などのソフトティッシュが損傷を受けると、周囲の神経に圧迫が生じることがあります。これによって神経痛が発生する可能性が高まります。

炎症や過剰な神経刺激

事故によって身体の組織が炎症を起こしたり、神経が過剰に刺激されることがあります。これらの状況下では、神経痛が発生する可能性があります。

交通事故のケガで考えられる神経痛



交通事故のケガで考えられる神経痛の症例は以下となります。

頸椎症候群(頚部神経根症)

事故によって首の周りの筋肉や靭帯が損傷を受け、頸椎が圧迫されることがあります。この結果、頚部の神経根が圧迫され、頸部神経根症(頸部神経根圧迫症候群)と呼ばれる神経痛が発生することがあります。痛みやしびれが首から腕に放射することがあります。

腰椎損傷による痛み

腰椎の損傷や椎間板の損傷によって、腰部神経根症(腰部神経根圧迫症候群)や坐骨神経痛などの神経痛が発生することがあります。これによって、腰から下肢にかけて痛みやしびれが生じることがあります。

脊髄損傷による神経痛

事故によって脊髄が損傷される場合、周囲の神経や組織に異常な刺激が与えられることがあります。これによって、脊髄損傷に関連した神経痛や運動障害が発生する可能性があります。

どの症状も何かしらの要因で椎間板や脊柱管を傷つけてしまうと発生しやすい症状となります。

神経痛の改善方法



当院では神経痛の専門治療を提供しております。徒手検査と呼ばれる体に負担がかからない手技による検査にて骨盤の歪みを確認していきます。また当院は3つの国家資格を有した専門家がすべての治療を担当しております。痛みを早期に改善する治療にて早期に神経痛を改善していきます。交通事故のケガで神経痛を患ってしまった方は当院にご相談下さい。